2009年08月16日 23:55

誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!

お休み3日目は、嫁の誕生日リベンジで
夜ご飯を作りました。

今月の頭が誕生日だったのですが、諸事情により
誕生日らしきことができなかったので、
嫁のリクエストにより季節外れの
クリームシチューを作りました。

レシピは例によって「ほぼ日」のを参考にしました。


材料はこんな感じ。

誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

鶏肉はももではなく、冷蔵庫にあったむね肉で。
にんじん、たまねぎ、じゃがいも、ほうれん草。
マッシュルームの代わりにまいたけ、
あと白菜ではなく、冷蔵庫に少し残っていたキャベツ。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

ホワイトソースも自分で作りました。
バターの代わりにマーガリンを溶かして、
小麦粉を混ぜ牛乳を加える。
ゆっくり混ぜるけれどもなかなかとろみがつかない。
火が弱すぎたようです。ちょっと火を強くすると
だんだんとろとろになってきました。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

鶏肉をこげ目がつくくらいに炒めます。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

野菜を炒めます。ちょっと量が多くて混ざらない…。
ちょこっとこげてしまいました。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

野菜を鍋に移します。いっぱいであふれそうです(笑)
ここにお水、コンソメ、ローリエを入れ煮ます。
煮えてきたらホワイトソースを加えるのですが、
鍋がいっぱいで入らない…。
仕方がないのでホワイトソース用の小鍋も使用します。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!
(撮影:嫁)

鍋二つで煮込んでいき、最後に生クリームを入れ
塩こしょうで味を整えます。


誕生日のクリームシチュー〜飯島奈美さんのレシピはどれもおいしく作れる!

で、完成!
バゲットと一緒にいただきました。

お味のほうは、
「ホワイトソースがコクがあるのにさっぱりしていたので
 クリームシチューのソースがくどくなくて、
 たくさん入っている野菜それぞれの
 素材の味が生かされていてとってもおいしかったですハートウィンク
と。(嫁談)

ということで星3ついただきました!

夏の台所仕事は暑くて大変でしたが、
おいしいと言ってもらえるとうれしいものです。
また何かしら作りたいと思います。


→クリームシチューのレシピはこちらから

ちなみに、
→ほぼ日レシピでハンバーグ
→ほぼ日レシピでオムライス

ほぼ日の飯島奈美さんのレシピは
どれもおいしく作れるのでオススメです〜。


2009年8月14日

▼さいきんのグルメレポート






***

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)


2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中



Posted by ポエジー*ミズノ@豊田市在住 │コメント(3)
この記事へのコメント
またしても被ってしまった…。

なんたることだ…。
Posted by たろたろ at 2009年08月17日 00:07
白くてなめらかでおいしそう!
ルーコのすずきさんもほぼ日の連載記事を紹介されていたし、ルーコメンバーはほぼ日を愛読されているのですか?
(私はすずきさんの記事拝見するまで知りませんでした。)
m-ganeさんのオムライスの記事も拝見しました。
トマトソースのざらつき感が本格的。
生トマトとケチャップのコンビ、ぜひやってみたいです。
Posted by せっせっせ at 2009年08月17日 09:14
>たろ氏
なにかの因縁を感じますな。

>せっせっせさま
コメントありがとうございます。

はい、ほぼ日愛読率は高いと思いますよ〜。
ぼくは今では日課のようになっています。
まず今日のダーリン(糸井さんのコラム)を読んで、
そのあとは気になる記事を拾い読みします。

生活必需品ではないですが、人生を豊かにしてくれる
嗜好品みたいなものでしょうか。

飯島さんのレシピは糸井さん曰く、
「だまされたと思ってレシピ通りに作ってみてください」
とのことです。
それくらい丁寧に分量を測っているそうですよ。
一度お試しあれ。
Posted by m-gane at 2009年08月17日 10:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。