2014年11月27日 19:53

自然派病院「ひこ診療所」に一瞬で心奪われる【内科・アレルギー科・皮膚科】みよし市

ズドン!といきなり、お目汚しスミマセンm(._.)m



突如、顔がパンパンに腫れてしまい、目が半分しか開かなくなってしまいました(泣)
「腫れ」といっても、肌荒れ・かさかさ・アトピー的な感じなのですが。

その理由につきましては、後日の報告とさせていただきまして、今回はひこ診療所さんなのです。


その日は、祝日。

休日診療の病院でさらに、皮膚科ってあるのかなと、広報とよたを見たり、ホームページを調べたり。(皮膚科は緊急性が低いためか、休日診療って少ないのですね)

とりあえず、豊田地域医療センターをあたってみたら、電話口の方がこんなサービスを教えてくれました。

愛知県救急医療情報センター
かかりつけ医や上記の救急診療が利用できない場合に、電話してください。最寄の医療機関を検索してお知らせします。
電話番号 0565-34-1133

引用元:救急診療 休日や夜間の診療|豊田市ホームページ

そして愛知県救急医療情報センターの電話口の方から紹介されたのが、ひこ診療所。


場所を聞いてびっくり、実家と町名まで同じではありませんか。でも、30年弱住んでいてもはじめて聞く病院名です。母親に聞いても「名前は聞いたことあるかな」程度。・・ちょっとアヤシイ?

Googleストリートビューでチェックしてみると、



なんか、・・工場みたい?
と、印象としてはややわろし。


いざ現地へ

そして、車にまたがり(謎)いざ現地へ。県道520号から細い道に入りくねくねと、住宅地の中にひこ診療所はありました。



ストリートビューで確認していた看板もあった。




おや?鬼太郎のポストみたいなのが木でできてる。それに、あの看板も。
なにかと木なんです。




そして、扉を開けて1歩足をふみこむと・・
なーんともよい、檜の香りが。(新築の家に行くと香ってるアレです)




なんだか、とってもいい雰囲気だぞ!(がぜん、テンションがあがってきます。)




ここのところ、食にしろ何にしろ「自然」に傾倒している向きのわたくしにとって、この空間はとっても心地の良いものに思えたのです。


こちらトイレット。



和の便器と洋の便器。両対応。




このメッセージにもじんわりきます。

愛の一つそれは
声を聞いてあげること
心の声を聞いてあげて
そこから体が変わっていく

(最初の1文字が「愛」なのかは自信ナシ)


そして、本棚がいくつも!





食のことが書かれた本、生と死についての本・・。興味引かれるものが多かったです。

いつも病院に行くときは、本を持参することが多いのだけれど、ここなら持参する必要ありません。

テーブルの上に置いてあった、今回手に取った本。






この、絵本の冊子も、娘が生まれてちょっとしてから、どこからかウチに来てました。


と、しばらくすると「みずのさーん」と名前を呼ばれ、診察を受けるわけですが、その話は後日。
(引っぱる割には、そう大した話ではありませんので。。)


病院が好きになる、なんて、変わった体験をしたひこ診療所でした。



ひこ診療所
内科・アレルギー科・皮膚科

所在地:愛知県みよし市莇生町水洗30-3
TEL:0561-33-2277

診療時間:
【午前】火/金 10:30〜16:00
【午後】水/土 12:30〜18:00

休診日:月/木/金

公式ブログ:ひこ診療所のごあんない





***

※この記事を書いた人、ミズノケイスケに興味を持っていただけましたら、ミズノのFacebookをフォローください(一番更新頻度が高いです)


2018年10月、ポエジーのウェブサイトをリニュアルしました。
ポエジー*経営者の夢を叶えるジェットエンジン ※無料相談受付中



Posted by ポエジー*ミズノ@豊田市在住 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。